GABAのすっごい効果!

GABAがあなたの睡眠を変える!

GABAの効果を解明!

 

こんにちは!あなたは『GABA』の効果について詳しく知っていますか?

 

GABAって、テレビとか、雑誌とか。

 

割と身近にある言葉だと思うのですが、その詳しい効果について知っている方はどれくらいいるんでしょうか?

 

恐らくそんなにいないんじゃないでしょうか?

 

かく言う私も、ほとんど名前しか知らず、その詳しい効果については全く知らなかったんですけど(笑)

 

ということで、今回は、睡眠にも大きく関わることになる、

 

GABA

 

について調べてみます。

 

GABAとは何か?

 

で、まずはGABAとは何か?

 

ということについてから。

 

あなたは言葉だけで、

 

『GABA』

 

という言葉を使っていませんか?

 

あのCMよろしく、言葉だけを口ずさんだりしていませんか?

 

やっぱり私がそうだったんですけど(笑)

 

ということで、GABAの詳細を調べてみました。

 

γ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノらくさん)または4-アミノ酪酸(IUPAC名 4-aminobutanoic acid)は、アミノ酸のひとつで、主に抑制性の神経伝達物質として機能している物質である。

 

アミノ酪酸にはアミノ基のつく位置によりα-、β-、γ-の3種類の構造異性体が存在するが、γ-アミノ酪酸は、そのうちのひとつである。英語名の γ(gamma)-aminobutyric acid の頭文字をとった略称 GABA(ギャバ)が一般的に広く用いられている。

 

出典:γ-アミノ酪酸 - Wikipedia

 

すみません、早速で申し訳ないんですけど・・・

 

よくわかりません!(怒)

 

となってしまいますね(笑)

 

ここで重要なのは、GABAとは、

 

γ-アミノ酪酸=GABA

 

(gamma)-aminobutyric acid の頭文字をとった略称

 

ということだけです。

 

まずはこれだけ何となくで良いので、覚えておいて下さい。

 

GABAの効果

 

と、小難しいことは置いておいて(自分で書いておいて!っていう突っ込みはなしですよ(笑))、GABAの効果に触れてみましょう。

 

GABAは神経の高ぶりを抑える働きを持ち、ストレスや運動時に高まる興奮状態を抑えます。興奮状態では脳内のアドレナリン[※3]が活発に分泌されますが、GABAはアドレナリンの分泌を抑制します。GABAを多く摂ることで、興奮状態を抑え、体が休まりやすい「リラックス状態」へと導きます。

 

出典:GABA(ギャバ) | 成分情報 | わかさの秘密

 

ドーパミンや、うまみ調味料でおなじみのアミノ酸であるグルタミン酸が、興奮性の神経伝達物質として働くのに対して、GABAは反対の働きをします。

 

 興奮した神経を落ち着かせたり、ストレスをやわらげたり、リラックスさせるなど、まさにストレス時代を生きる現代人に必須の働きをしてくれます。

 

出典:GABA成分が働くメカニズムとは(前編):日経ビジネスオンライン

 

なるほど。この2つの引用分で力説されているように、GABAには、

 

人をリラックスさせる力

 

ストレス解消

 

の作用があるんですね。

 

つまり、GABAが含まれている食品である、

 

○発芽玄米 
○漬物 
○醤油 
○味噌 
○キムチ 
○なす 
○かぼちゃ

 

などを摂取することによって、落ち着きを取り戻すことができる訳です。

 

サイレントナイトにもGABA

 

いびき対策のサプリメントの

 

サイレントナイト

 

にもGABAがしっかり配合されているんです。

 

つまり、

 

いびきだけでなくて、快適な睡眠を演出してくれる

 

という訳です。

 

まぁ、快適な睡眠が取れるから、いびきもなくなるんでしょうが(笑)

 

とにかく。

 

GABAなど、あなたの『静かな夜』を演出してくれる、口コミで大人気のサイレントナイトは、GABAもしっかり配合されているんです。

 

だからこそ、サイレントナイトは、いびきに困る本人、家族に大人気なんですね。

 

詳細はこちらのページでまとめておいたので、ご確認ください。

 

サイレントナイトはいびきに効果あり?試してみた!